GMLソリューションズ    

ライフステージ別
保険選び

家族の安心は保険から

人生のシーン別保険

閉じる

人生のさまざまなシーンで保険を見直し!

ご存知ですか?あなたのライフステージによって必要な保障は違います。 万が一のときに保障が足りなくて困ることのないよう、ライフステージ別に保険の入り方をご案内します。保障内容の組み合わせを検討する際の目安にしてください。あなたにぴったりのプランが見つかります。

結婚したとき

就職したときこれまでの学生時代と違い、経済的にご両親から独立し社会人としての第一歩を踏み出します。
社会に出て様々な経験の中で、公的年金制度への不安や、経済情勢、雇用情勢への不安も出てくるのではないでしょうか?
『終身雇用』『毎年必ず上がる収入』『退職金』昔と違い、大きな期待はできないのではないでしょうか?
社会人として独立した今だからこそ、自分のことは自分で!自己責任意識が必要になってきます。
「独身だし保障はいらない」
「健康だし医療保険なんかいらない」

ではなく、若くて健康なうちは保険料が安いです。年齢を重ねたり、病気をしてからでは、保険料が高くなってしまったり、保険自体の加入が出来なくなったりしてしまいます。
若く健康なうちの早めの準備がオススメです!

今から準備しておきたいこと

就職したとき

結婚したとき人生の大きなライフステージの変化の一つが結婚です。 これまではご自身の為の保障を考えていればよかったのですが、今後は配偶者や子どものために保障を準備しておく必要があります。

結婚したら検討するべきこと

家族のためにしっかりとした目的と根拠を持った保険選びが重要です。
お子様が独立する前は大きな保障が必要となる可能性があります。コストを抑えて大きな保障が準備できる掛捨てタイプがオススメです。

出産したとき

出産したとき出産で新しい家族が増えます。大変うれしいことですが、同時に教育資金等のお金の準備が必要になってきます。子供が独立するまでにはたくさんのお金がかかります。
将来のための教育資金の計画を立て、少しでも早く準備を始めることが重要です。

家族が一人増えるということは必要生活費も増えます。出産を機に保障を見直してみることも大切です。
また、最近では0歳から加入できる医療保険もあります。大切なお子様のケガや病気にも備えてみてはいかがでしょうか。

離婚したとき

離婚したとき離婚後は生活スタイル、収支のバランスも今までとは大きく変化し、莫大なエネルギーを消費します。それだけではなく、時には大きな出費を伴うことも…。
まずは婚姻時の契約内容を確認して下さい。そのまま継続するのであれば、住所変更や保険金受取人の変更等、事務手続きが必要となります。
先ほども述べたように、収支バランス等が変化するため、今一度保障内容を見直してもよいかもしれません。今本当に必要な保障を残し、自分のライフスタイルにあった契約内容に変更することをオススメします。

子どもが独立したとき

子どもが独立したとき子どもが経済的に独立すると、これまで必要だった教育費や生活費の準備が必要なくなります。
これまで大きな保障を掛けていた方は見直しをして保険料を抑えましょう。
ご両親が掛けていた医療保険や、傷害保険、賠償責任保険も必要なくなります。契約者を子どもに変更し、若い時(安い時)の保険料で契約を渡してあげることも可能です。
子どもの独立による見直しで負担が減った分は、介護・医療対策や、セカンドライフ資金の準備に回すことで、より盤石となります。

退職したとき

退職したとき退職と同時に会社からの収入が途絶え、年金や退職金、現役時代に準備してきた資金を取り崩して生活していくことになります。
また、すぐに必要のないお金は効率よく安全に運用していくことも重要です。
この頃になれば、死亡保障は整理資金プラスαでも十分かと思います。
生活設計の見直しと共に再度保障の見直しをしましょう。

実は、相続対策や子ども・孫への効率的な資金移動等にも保険は大変有効です。
検討もこの頃には始めておくことをオススメします。