GMLソリューションズ    

火災保険

知らないと損する火災保険

火災保険って本当に必要なの?

新築でご自宅を建てられた場合、多くの方が住宅ローンを組まれるかと思います。
万が一の場合を想定し、基本的には火災保険の加入が住宅ローンの融資実行の条件となっております。

では中古物件を購入された方はどうでしょうか?
「火災なんて自分が気を付けていれば起きないことだから…」
「保険料も高いし保険の加入はしなくても…」
とお考えの方もいることでしょう。ここが落とし穴です。日本には失火法という法律があります。失火法とは、簡単にいうと「火事の場合、自分の家は自分で守ってください」ということです。もらい火の場合でご自宅が燃えてしまったとしても、火元の住宅に賠償責任を負わせることは基本的にできません。

また、火災保険は火災だけでなく、風災・雹(ひょう)災・雪災等の自然災害に対する補償にも備えることが可能です。実は火災保険の支払い対象となるのは、火災よりも自然災害によるものが断然多いのです。
万が一に備え、保険の加入、または補償内容の確認・見直しをしてみてはいかがでしょうか?

我が家の金額は大丈夫?

火災保険の金額はどのように決定されましたか?
火災保険の保険金額は「同等の建物を再築、再取得する際に必要な金額」で決定しましょう。

新築物件に関しては、その時の建築価格(税込)で保険金額を決定しましょう。注意すべきは中古物件です。中古物件を購入された場合、保険金額を購入価格で決定してしまう方も少なくないのです。一概にはいえませんが、これは非常に危険です。それはあくまで中古の購入価格であり、その価格を保険金額にすると同じものを立て直すことはできないことがあります。あなたの家や建物は大丈夫ですか?

家財の補償は大丈夫?

家財とは、主に家電製品や家具、洋服等です。
「うちには家財はたいしたものがないから補償はいらない…」
本当にそうでしょうか?よく家の中を見渡してみてください。家財って実はたくさんありますよ?

火災保険の常識

引っ越しの際に運び出すほとんどのものが『家財』です

  • 学習用具
  • お子様の寝具
  • お子様の衣類
  • おもちゃ
  • 暖房器具
  • 応接セット
    サイドボード
  • じゅうたん、カーテン
  • テレビ・ビデオ
  • CD・ステレオ
  • パソコン・プリンタ
  • 和洋ダンス
    整理ダンス
  • 婦人和服
  • 紳士・婦人コート
    スーツ、他衣類
  • 本棚・書籍
  • 化粧台・化粧品一式
  • 食器戸棚
  • 冷蔵庫・オーブン
  • 食器類・調理器具
  • 食堂テーブル・イス
  • 洗濯機・ランドリー

一つひとつは小さくても、合計すると大きな額になるものです

世帯主の年齢と家族構成により、標準的な家財評価額を算出します。

※算出した標準的な評価額を基に、必要に応じて実態に合わせた調整を行います。

[家財評価額の目安]

[単位:万円]

家財評価額の目安の表

[家財簡易評価表(再調達価額用)
令和元年10月1日版(消費税率10%含)]

地震の備えは万全ですか?

火災保険と地震保険は別物です。地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は火災保険では保険金支払いの対象となりません。
(地震火災費用保険金が支払われる場合があります。)
日本は地震大国です。地震にもしっかりと備えましょう。

補償される損害
補償される損害
地震による火災で家財が焼けた
補償される損害
地震で家財が損壊した

このホームページは、各保険の概要について紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、弊社までお問い合わせください。